アロマセラピーという言葉と、アロマテラピーという言葉があります。
どちらも同じですから、「アロマセラピー」も「アロマテラピー」も、当サイトでは混在します。
「Aromatherapy」という文字を、英語読みで「アロマセラピー」、フランス語読みすれば「アロマテラピー」となります。
アロマセラピストという、人々に心身の健康を与えるという専門職人さんがいらっしゃいます。
エステサロンには、必ずいらっしゃいます。
アロマセラピーを通して社会貢献ができる立派な職業だと思います。
そこで、当サイトでは、「アロマセラピーのスクール」・「アロマセラピスト養成学校」等の情報を集めてみました。
エステサロンで働きたい。
将来アロマセラピストとして独立したい。
様々でしょうが、まずはスクールでお勉強ですね。
アロマセラピストの資格を取りましょう。
左側のカテゴリーにある各県別で、あなたの近くにある「アロマセラピーのスクール」を参考にされてください。
あなたの、将来の夢に向かって活用できれば幸いです。


<スポンサードリンク>



アロマセラピーとはカテゴリの記事一覧

アロマセラピーとは

アロマセラピーもしくはアロマテラピー(Aromatherapy)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。
お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも、広義にアロマセラピーと呼ばれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


アロマセラピーとは、Aroma(香り)とTherapy(治療・療法) を組合わせた言葉で、日本語では「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法です。
天然の植物から採ったオイルの成分と香りを用いた自然療法で、芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、オイルを吸入、湿布、沐浴、マッサージなどの方法で心身へのリラックス効果と共に、人間本来の自然治癒力を高めたり心身の疾病の予防や治療を行うものです。
吸入した香りは、脳の嗅覚神経を刺激します。その刺激は海馬と言われる記憶をつかさどるところや、視床下部の脳下垂体へ伝達されます。
人の心に影響を与え、意識しなくても本能的に心理反応をもたらします。
香りを嗅いだときの心拍数の変化、α波の増加による鎮静効果、ストレスホルモン減少による緩和などが実証されています。
精油は容易に皮膚から吸収され、毛細血管とリンパ液に達し、体内を循環して各器官に作用されます。

また、最近では、医療分野でも浸透しつつあり、介護や福祉などの分野でも期待されています。
医療的なアロマセラピーは、精油(エッセンシャルオイル)を使用したものに限定されています。
又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提で、医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想的である。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。