アロマセラピーという言葉と、アロマテラピーという言葉があります。
どちらも同じですから、「アロマセラピー」も「アロマテラピー」も、当サイトでは混在します。
「Aromatherapy」という文字を、英語読みで「アロマセラピー」、フランス語読みすれば「アロマテラピー」となります。
アロマセラピストという、人々に心身の健康を与えるという専門職人さんがいらっしゃいます。
エステサロンには、必ずいらっしゃいます。
アロマセラピーを通して社会貢献ができる立派な職業だと思います。
そこで、当サイトでは、「アロマセラピーのスクール」・「アロマセラピスト養成学校」等の情報を集めてみました。
エステサロンで働きたい。
将来アロマセラピストとして独立したい。
様々でしょうが、まずはスクールでお勉強ですね。
アロマセラピストの資格を取りましょう。
左側のカテゴリーにある各県別で、あなたの近くにある「アロマセラピーのスクール」を参考にされてください。
あなたの、将来の夢に向かって活用できれば幸いです。


<スポンサードリンク>



アロマセラピーの特徴(2)

アロマセラピー特徴

精油の体内での作用
精油の成分の構成や有効成分・毒性のレベルなどの解明は近年かなり進んできているが、 個々の成分が体内で何を引き起こしているのかについては、
分子生物学レベルの研究が待たれる。
ここでは、伝統的な植物療法から推測される精油の働きについて述べるにとどめる。

生体組織への直接的な関与
例:ローマン・カモミールの(筋肉などの)鎮痙作用、ローズマリーの血行促進作用、ラベンダーの止血作用、など
防御システムを助ける働き
例:ティートリーの抗菌作用、フランキンセンスの免疫強化作用、ユーカリの去痰作用、など
代謝を助ける働き
例:ジュニパーの利尿作用、グレープフルーツのリンパ系刺激作用、など
心身のバランスへの関与
クラリセージのエストロゲン様作用、ペパーミントの三半規管の調整作用、ネロリの抗不安作用、など
なおこれらの作用はそれぞれの精油の働きの一端に過ぎない。
精油はそれぞれに様々な性格をもち、組み合わせることにより さらに多様な作用を見せる場合もある。
また、用法を誤ればかえって心身に害をもたらす場合もあるので注意が必要である。

アロマセラピーに使われる主な精油
ラベンダー
ローズマリー
クラリセージ(clary sage)
ペパーミント
マージョラム
ユーカリ
ティートリー
レモングラス
ジャーマン・カモミール
ローマン・カモミール(Roman chamomile)
ローズ
ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)
レモン
スイート・オレンジ
グレープフルーツ
ベルガモット
ネロリ(neroli)
サンダルウッド(ビャクダン)
フランキンセンス
イランイラン
ジュニパー
ミルラ

アロマセラピーの方法
芳香浴・・・皮膚や身体異常時、医師や薬剤師に要相談
オイルマッサージ・・・他人に行うには、医師国家資格免許やあん摩指圧マッサージ師国家資格免許が要必要
内服・・・身体異常時、医師や薬剤師に要相談
入浴・・・皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談
吸入・・・身体異常時、医師や薬剤師に要相談
湿布・・・皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談
基礎化粧品・・・皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。